長者原ビジターセンタースタッフのブログ

ミヤマキリシマの時期の静かな楽しみ方①

 ここくじゅうでは、雨が降ったり晴れたりと、天候の不安定な日が続いています。
 ビジターセンターのある長者原から、くじゅう連山のほうを見ると、一雨一雨ごとに山の緑が濃くなる様子がよくわかります。
 山の方からはカッコウの鳴き声が聞こえてきて、初夏の高原らしい雰囲気になってきました!

 さて、初夏といえばミヤマキリシマの花の開花を、今か今かと待ち焦がれている人が、たくさんいらっしゃることと思います。
 くじゅう連山で「ミヤマキリシマ!」といえば、平治岳や大船山などが有名です。
 花の開花のピーク時には、山全体がピンク色に染まり、息が詰まるような美しい風景となりますが、それを目当てに多くの登山者が集中するため、登山道が渋滞することもしばしばです。

 今回は、そんな王道ミヤマキリシマ登山コースではなく、ミヤマキリシマだけではない楽しみ方ができる、登山コースを紹介したいと思います。

 今回紹介するのは、*牧ノ戸峠~黒岩山・上泉水山~長者原コースです!

 牧ノ戸峠から黒岩山までは、急な登りが続きます。登りつめると、周囲360度のパノラマで、涌蓋山や阿蘇方面~星生山や硫黄山などが一望できますよ♪

 黒岩山から上泉水山までは、山の尾根を歩くコースになります。足元には、イワカガミやマイヅルソウ、コケモモなどの花がたくさん咲いています。
a0201077_14463826.jpg
マイヅルソウ
ユリ科

 また、「ホーホケキョー」と鳴く、ウグイスの姿を見ることもできるかも!?
 
a0201077_14423812.jpg
ウグイス
ヒタキ科

 旬のミヤマキリシマの花ですが、上泉水山付近にはミヤマキリシマが点々と咲いており、庭園のような趣があります。
a0201077_15275741.jpg
去年の6月10日頃の様子

 上泉水山山頂付近からは、ラムサール条約に登録されている、タデ原湿原を眼下に見ることができます。普段タデ原を歩いたことがあっても、上から見たことがある人はなかなかないのでは?
 遠方には、豊後富士で名高い由布岳の姿が見えます。
a0201077_1529212.jpg
 
 上泉水山を下山し、アセビのトンネルを抜けて、森の中を進むと、泉水山麓の草原に出ます。
 ここからは、草原沿いの登山道を歩いて長者原に向かうことになります。草原性のかわいらしい花に出会うこともしばしばです!
a0201077_1563588.jpg


 このコースは高山帯から森林帯、そして草原と本当に変化に富んでおり、ミヤマキリシマだけでない、くじゅうの魅力が詰まったコースですよ!!
 静かな山歩きを楽しみたい方にはおススメです。

 お出かけの際には、地図とコンパスはお忘れなく。


*このコースは牧ノ戸峠から登りはじめ、長者原へ降りてくるコースになるので、車等による周回が必要です。バスの時間帯は日田バスのホームページをご覧ください。
6月4日・5日・11日・12日は臨時バスも運行するそうです。↓↓
http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/
[PR]



by chojabaru-visitor | 2011-06-01 14:29 | 旬のおススメ

長者原ビジターセンター周辺の自然や、それに携わる人の活動を中心に、情報発信していきます!http://www.facebook.com/choujabaruvisitor
by chojabaru-visitor
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

ファン

ブログジャンル

画像一覧