長者原ビジターセンタースタッフのブログ

山開き前後レポート

 6月4日(土)、朝9:00頃牧ノ戸峠に着くと、すでに牧ノ戸峠駐車場は満車状態。
長者原には臨時駐車場が設けられ、長者原の九重登山口~牧ノ戸峠間のバスも臨時バスが運行されているようです。
臨時バスについては、日田バスホームページをご覧ください。↓↓
http://www.nishitetsu.ne.jp/hitabus/

 牧ノ戸峠登山口は、本当にたくさんの人であふれかえっており、牧ノ戸峠~沓掛山間の登山道も渋滞していました。
a0201077_15521965.jpg
登山者の長い列

 ミヤマキリシマの花を目当てに訪れた方が多かったようですが、まだ山頂帯は開花が始まったばかりです。しかし現在、イワカガミの花が満開で、大変美しかったです!!
a0201077_15511972.jpg
イワカガミ
イワウメ科

 イワカガミの花は、ラッパのような形をしており、喉の奥から「私を見て~!」と叫んでいるかのように見えます♪

 また、ツクシドウダンの開花も始まっており、初夏の山に彩を加えています!
ツクシドウダンの花を見ると、なんともさわやかな気持ちになります♪

a0201077_15551494.jpg
ツクシドウダン
ツツジ科

 6月5日(日)は、あいにくの雨模様でしたが、くじゅう山開きが開かれ、久住山山頂で神事が行われました。

 この山開きに合わせて、地元の自然保護団体である「九重の自然を守る会」では、前日の4日(土)には登山道保全整備活動として、諏蛾守越え~久住分かれ間において、遭難防止用のペンキ塗りを行いました。
 
a0201077_16365692.jpg
ペンキ塗りの様子

 晴れた日には、「黄色のペンキがなぜこんなに岩場にあるのだろう?」とお思いになるかもしれません。
 今回ペンキ塗りを行った、諏蛾守越え~久住分かれ間は、霧が発生しやすく、特に北千里浜といって、広い砂地を通過するルートのため、登山道を外れると、遭難する恐れがあります。
 そこで1m先も見えなくなる霧が発生した時は、コンパスと合わせて、この黄色のペンキが重要な道しるべとなるのです!

 山開き当日の5日(日)は、毎年恒例の坊ガツル清掃登山を行いました。
a0201077_16535373.jpg
坊ガツル清掃登山

 この日は雨にもかかわらず、22名の守る会のボランティアの方が駆けつけてくれました。
両日ともに活動を行った、九重の自然を守る会の皆さん、お疲れ様でした!
[PR]



by chojabaru-visitor | 2011-06-05 15:39 | 登山道保全整備活動

長者原ビジターセンター周辺の自然や、それに携わる人の活動を中心に、情報発信していきます!http://www.facebook.com/choujabaruvisitor
by chojabaru-visitor
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

メモ帳

ファン

ブログジャンル

画像一覧