長者原ビジターセンタースタッフのブログ

長者原探検!

 こんにちは、種村です。
 梅雨があけたと思ったら、全国各地で猛暑となっていますが、ここ飯田高原は、高原のさわやかな風につつまれています。

 さて、7月25日(水)、東飯田公民館から子供たち16名が、長者原探検に来ました!
同じ九重町内におりながらも、長者原地区のタデ原やビジターセンターに、一度も来たことのない子供たちが多数います。
 そんな子供たちに、この地域の自然の素晴らしさを伝えることを目的に、行事を実施しました!

 まずはレンジャーによる国立公園の説明から。
ここは、日本の中でも素晴らしい風景だということで、国立公園になっているんだよ!
a0201077_1620699.jpg

 そして双眼鏡の使い方の説明へ。目の幅を合わせて、両目を開けて一つに見えるように調整したら、ダイヤルでピンとを合わせるんだよ。
 子供たちは、双眼鏡を首からぶらさげるだけで、探検隊気分になってうれしそう。

 まずはタデ原湿原で、貴重な草花を見て回りました。
a0201077_16211120.jpg
ヒゴタイさわってみて。まだ頭がつんつんしていて痛いかな?

 また、今の時期にしか見ることのできない、貴重なヒメユリの花も見ることができました!
a0201077_1623432.jpg
ヒメユリ発見!

 ヒゴタイやヒメユリは、大陸系遺存植物といって、約1万年以上前に、日本と大陸が陸続きだったときに日本に渡ってきた植物と言われています。
 そのことを説明すると、「じゃあ1万年も前から、ず~っとず~っとここにあったってこと!?すごいなぁ」と子供たち。
 何気なく見ている植物だけど、その命のつながりはすごい!ということを感じてもらえたようです。

 あとは、探検隊気分だけでなく、実際に双眼鏡を使って、鳥を見せてあげたいと思っていたところ、ちょうどよくホオアカが草原の中に止まってくれました。
a0201077_16281286.jpg
あ、鳥がとまった!ほらほら

 森の中では、クロモジの枝のにおいをかいだり、ツルシキミの葉っぱのにおいをかいだりして、歩きました。
a0201077_17142384.jpg
森の探検

 そして自然歩道を歩き続けて、寒の地獄旅館へ。
ここは、大変珍しい冷泉が湧き出る場所として、古くから湯治場として利用されてきました。
a0201077_17231890.jpg
旅館の方から説明をうける子供たち

 ほてった足を、冷泉につけて「気持ちいい!」
マラソンの選手などが、アイシングといって、筋肉を冷やすのによく利用するほど、その効き目があるとか。
a0201077_17262627.jpg
つめた~い

 あっという間の2時間。
 最後にたくさんの子供たちから、「今日はとってもたのしかったー!!」という声が聞けて、うれしかったです。
 環境教育と言いますが、地域の自然と人と、何よりも「楽しく」ふれあうことができたのなら、難しい説明をしなくても、子供たちは何かを感じてくれるのではないでしょうか。

 今度は、ぜひ保護者の方と一緒に、遊びに来てくれたら、と思います!
[PR]



by chojabaru-visitor | 2012-07-27 16:29 | 環境教育活動

長者原ビジターセンター周辺の自然や、それに携わる人の活動を中心に、情報発信していきます!http://www.facebook.com/choujabaruvisitor
by chojabaru-visitor
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

ファン

ブログジャンル

画像一覧