長者原ビジターセンタースタッフのブログ

春のきざし♪

こんにちは、村松です。

今日(3/25)の長者原は、天気予報どおりのあいにくの天気。
風が強く小雨も降っています。
a0201077_10412935.jpg
3連休は多くの登山者で賑わいましたが、今日のような日は牧ノ戸峠登山口も、長者原も、登山者はほとんどいません。天気はあいにくですが、その代わりに、登山道沿いのマンサクとじっくり向き合うことができました。(強風で写真を撮るのは大変でしたが・・・)

写真は、沓掛山付近のマンサクの花。マンサクの花は、細くて薄い花びらが4枚、1つの花についていて、これから咲くコブシの花の花びらなんかと比べるとずいぶん省コストだなぁ・・・と思います。ひらひらと繊細で、透き通るような黄色がとっても美しいです。

タデ原では、フキ、マンサクに続き、ツクシショウジョウバカマが咲き始めました!
a0201077_111206.jpg
ツクシショウジョウバカマ(の咲き始め。)
マンサクの咲き始めも、バネのようにきれいに巻かれた花びらがとても面白いのですが、ツクシショウジョウバカマもなかなかユニークです!はち切れんばかりの勢いを感じます!
冬の間、地表に見えているのは赤い葉だけなのに、見えないところでどのくらいの時間をかけて、これだけのボリュームの花を作り上げているのでしょうか・・・ 植物の生態は、知れば知るほど『すごい!』ことが一杯です。

さて、ようやく春らしいものが見つけられるようになりましたが、冬の間は何にもなかった・・・わけではないのです。葉の落ちた森の中で、こんなキレイなものが発見できました♪↓↓
a0201077_11272856.jpg
a0201077_11274823.jpg
a0201077_1128637.jpg
上から、ウスタビガ、クスサン、ヤママユの空繭です。
これらの繭は、クヌギやコナラなどの木の枝にくっついていることが多く、気にしてみると、長者原自然研究路や登山道沿いでよく見つかります。けっこう目立っていますよ。
…私はイモムシや成虫のガはあまり好きではないのですが、空繭は色やつくりがとても美しく、じっくり眺めて楽しんでいます。

3月になり、タデ原の『モニタリングサイト1000里地調査』も始まりました!タデ原の植物相の継続的なモニタリングを行うこの調査は、今年も九重の自然を守る会の皆さんが中心となって、毎月1回、第3日曜日に行います。3/16に行われた調査では、フキとマンサクの開花を確認しました♪
昨年のデータによると、4月からは一気に開花植物の数が増えそうです!!
a0201077_11575121.jpg
興味のある方は、調査に同行していただくこともできますので、お気軽に長者原ビジターセンターへお問い合わせください♪

ちなみに、この調査の5日後の春分の日、くじゅうでは雪が降りました。
a0201077_1231033.jpg
積雪は7センチほど。今年はなんだか、春が遅いような気がしています。
[PR]



by chojabaru-visitor | 2014-03-25 11:18 | 旬のおススメ

長者原ビジターセンター周辺の自然や、それに携わる人の活動を中心に、情報発信していきます!http://www.facebook.com/choujabaruvisitor
by chojabaru-visitor
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

ファン

ブログジャンル

画像一覧